豊橋技術科学大学 お問い合わせ サイトマップ ENGLISH
環境・生命工学系
トップ 教育内容とコース 研究分野 教職員 入学案内 JABEE


生態工学分野 (Ecological Engineering)

化学・化学工学による持続可能社会の実現へ向けた挑戦

固体触媒を用いた低環境負荷反応プロセスおよび環境保全技術の開発 触媒は化学工業や環境保全に欠くことのできない物質です。 天然ガスから低環境負荷で化学原料を製造するための触媒プロセスの開発および自動車触媒の高性能化やVOC分解用高効率プラズマ触媒システムの開発を行っています。
関連研究室:機能触媒システム工学研究室

廃棄物・未利用資源を利活用した循環型社会に適応する新規技術の開発と応用 生態恒常性の高い社会の構築を目指し、廃棄物リサイクル・バイオマス利活用技術の開発および評価を行っています。 高温高圧水を用いた研究から、豚の餌づくり、廃油用バーナーの開発、環境試料からキ ノン化合物やリン脂質脂肪酸の抽出手法の開発まで、幅広い研究に取り組んでいます。また、各市のバイオマスタウン構想にも携わっています。
関連研究室:資源循環工学研究室

コンピュータによる大気圏・水圏・生活圏のシミュレーション解析

大気・熱環境システムの研究 大気循環や水循環などの自然現象から資源循環、人間の生活環境にいたるまで、 様々な事象をモデル化し、コンピュータの中に再現して解析を行います。たとえば、1)地域化学輸送モデルおよび 全球エアロゾル化学輸送モデルの開発と応用、2)熱環境解析を目的としたメソスケール気象モデル/都市キャノピー モデルの開発と応用、などを行っています。
関連研究室:大気・熱環境システム研究室

Copyright (c) 豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 All rights reserved